ダイワライフの新着物件、おすすめ物件 北九州の不動産投資用収益物件情報

  • 業務拡大につき求人募集中

新着物件 ・ おすすめ物件

バックナンバー

不安



火曜日の朝礼は経営理念で、今週のテーマは 「安心」


お客様に安心していただく為に、

私たちは先を考え、不安要因を解消しなければなりません。

お客様の不安を、代わりに引き受けるという事でしょうか?


「安心」 の為の 「不安」

相反する事は、どちらか一方という事は無いんですね。


「先憂後楽」 という言葉があります。

最初から安心しきっていて、ギリギリになって慌てるよりも、

先にいろいろ心配して、対処して、後で楽をしましょう。


先を考えると不安になります。

先の事なんて、誰もわからないんだから当然です。


どうせなら、不安は早い時間に味わって、

対処するための時間を確保したいですね。


安心とは、不安要因を解消する行動をとった結果、

準備万端になったという事なのかもしれません。



<お気に入りの理由>

不安というのは、見方によればリスク感知センサーがきちんと

働いているということではないでしょうか。

その不安に対して事前に準備対策をした結果、

安心して事を迎えられます。

ちなみに私の師匠である矢沢永吉は、見かけによらず、

とても怖がりで先が不安で不安でしょうがなかったそうです。

その不安を消す為にがむしゃらに努力した・・・

結果、ロック界のスーパースターに成り上がったのです

話が飛びましたが、

私達は、お客様へ安心と満足を与え続ける為に・・・

大いに、前向きに不安になりましょう!(^o^)/

  

業務拡大につき求人募集中

↑このページの先頭へ


現場


「答えは現場にある」 と言いますが、

今日は、「現場に行って本当に良かった!」 


ダイワライフの福岡支店は、手狭になってきたので、

今月末に近くの事務所に移転する事になりまして、

今日は、新事務所の下見に行ってきました。


リフォームしたての、まっさらなガラ~ンとした室内。

「何もない!」 「何もない・・・・・。」

「ん?」

「コンセントがどこにもない!」


リフォームしたてのOAフロアだったので、

部屋のどこにも電気配線がなかったのでした。


業者さんもビックリ!

・・・・・って、気づいたのが今日で良かった!

引っ越しの時に気づく事を想像するとゾッとします。


現場に足を運ぶって、大事ですよね。



<お気に入りの理由>

「答えは現場にある」

今回は、正しく何事も自分の目と耳で確認しなければいけない

ということを痛感した好事例でした。

Tさんの「事前に新しく移る支店を事前に見ておきたいのですが・・・」

という申し出が無ければ、移転の当日に大騒動に陥るところでした。

また、今回の件は、Tさんでなければ気付かなかったと思います。

正直なところ、相談があった時に、私は、

「福岡支店の人や私も見ているので、わざわざTさんが北九州から

行かなくても良いのでは?」と思いました・・・が、

他の誰も気付きませんでした。

Tさん、本当にありがとうございましたm(_ _)m

「重要な事については、一番詳しい人や責任者が、

面倒がらずに現場に直接足を運び、伝え聞きではなく、

自分の目と耳で確認すること!」

今回の教訓です!o(^-^)o

  

業務拡大につき求人募集中

↑このページの先頭へ


想い


今日は達成会議で全員そろったので、

夕方から、久しぶりの社内コンパを行いました。

その中のお話で、メンバーの叔母さんの話が印象的でした。


その叔母さんは、亡くなる前に、

「みんな仲良く暮らして欲しい」 というメッセージを残しました。


とても当たり前のメッセージだと思ったそうですが・・・・・、

その後、身内で言い争いが起こっってしまった時に、

そばにいた子供から、 「仲良くしてって言っていたでしょ!」 と、

注意された事で、みんなが我にかえったそうです。


そのとき、「こうやって人の想いは通じていくんだなぁ・・・・」 

と思ったそうです。


先人が一生懸命生きていく中で至った 「想い」

後の人々に遺したかった 「想い」


残された人は、託された人は、

先人の想いを大切にしながら、生きていきたいものですね。



<お気に入りの理由>

先日の社内コンパは、

お蔭様でとても有意義な時間を共有できて良かったです。

それぞれ、大変忙しい中でのご参加

ありがとうございましたm(_ _)m

中でも、

「みんな仲良く暮らして欲しい・・・」と言い残して

亡くなられたNさんの叔母さんのお話は、

とても印象に残りました。

「想い」は、残された人に継がれて行く・・・

私達も亡き政枝顧問の「想い」と「愛情」を

しっかりと継いで生きたいですね!

  

業務拡大につき求人募集中

↑このページの先頭へ


長期


今日は理念委員会

京セラフィロソフィーの輪読を行いました。

今日は、その中で出てきた 「大善小善」 というテーマのお話。


問題が解けない子どもに、答えを教えるのは 小善

問題の解き方(考え方)を教えてあげるのが 大善

餌に困った野生動物に餌を与えるのは 小善

暮らしていける環境を取り戻し、守ってあげるのが 大善


・・・・考えてみると、小善には手っ取り早く、近視眼的なものが多く、

大善には、手間がかかって、長期的視野に立ったものが多い。


アメリカの先住民族、インディアンの人たちは

100年先を考えてから、物事を決定するそうです。


私たちは、効率を求めるあまり・・・・、

近視眼的になっていないでしょうか?


ダイワライフのトイレに、

「大事なことはすべて手間がかかって難しいもの」

という言葉が書かれたカレンダーがあります。


「難しい方の選択」 

が、後々に効いてきます。



<お気に入りの理由>

目が回る様な忙しさの中で、私達はついつい目先のことで

手っ取り早い選択をしてしまいがちですよね。

落ち着いて良く考えてみたら、本当は後々好ましくない結果を招き、

どんどん追い詰められていくと分かっているのに・・・

ネイティブアメリカン(インディアン)の様に

「100年先を考えて」とは行かないまでも、

せめて10年や20年先のことは考えて選択をしたいものです。

10年位はあっという間に来てしまいますから。。。

政枝顧問が命をかけて魂を吹き込んで下さった、

このかけがえのないダイワライフが、100年先でも存続している様に~

いったいどうしたら良いのでしょうか?

私の人生において、

何としてもやり遂げたい大きな課題の一つです  o(^-^)o

  

業務拡大につき求人募集中

↑このページの先頭へ


好き



「好きこそものの上手なれ」

という言葉があります。

・・・・なので、好きなことばかりしてたらいいかというと

世の中そんなに甘くない。


「自分のやりたい仕事をさせてもらえない」

って思っていると、毎日がつまんないですよね。


考え方には、プラスとマイナスがあります。

「仕事が嫌いだ」 というマイナスの考え方では、

いくら頑張ってもいい結果は生まれません。

・・・・・頑張った分だけ、マイナスが大きくなります。


ピーターパンの作者の言葉

「幸せになる秘訣は、自分のやりたいことをするのではなくて、

自分のやるべきことを好きになることだ」


これだと、「好きこそものの上手なれ」 の言葉通り、

自分のやるべきことを上手にこなせそうです!

プラスの考え方で頑張れば、結果も大きなプラスになります。




<お気に入りの理由>

「幸せになる秘訣は、自分のやりたいことをするのではなくて、

自分のやるべきことを好きになることだ!」

ピーターパンのの原作者のこの言葉は

「幸せとはなるものではなく気付くもの」 という言葉と共に

私が幸せについて最も府に落ちた言葉の一つです。

最初は好きなことでもやっていると

そのうち飽きてうんざりしてきます。

逆に最初は好きでも何でもなく、仕方なく始めたことでも

一生懸命打ち込んでいるうちに面白くなり、

その仕事が天職と思えるほど好きになって偉業を成し遂げた人は

多いものです。自分の置かれた環境は簡単には変えられませんが、

自分の気持ちは持ちようでどうにでも変えられる~

そこに幸せの秘訣があるような気がする今日この頃ですが

~いかがでしょうか?  o(^-^)o

  

業務拡大につき求人募集中

↑このページの先頭へ


微 差


今日の仕事の記録貼は、「で」 と 「が」 の違い。

「コーヒーと紅茶のどちらがよろしいですか?」

という質問に、「コーヒーでいいです」 と答えるか、

「コーヒーがいいです」 と答えるか・・・・・。


ちょっとした違いです。その時は、相手もそんなに

意識していないかもしれません。


しかし、こういった言葉使いは、習慣的なので・・・・・、

小さな影響が、どんどん積み重なっていきます。

生活習慣病のように・・・・・・。


「鏡の法則」

周りへの接し方によって、良い方にも、悪い方にも

少しずつ、相手の接し方が変わっていくでしょう。


自分を大切にするように

相手も大切にしなさいって・・・・・

こういうことなんでしょうね。


ちなみに、「コーヒーの方がいいです」 の後に、

笑顔で 「いただきます! ありがとうございます!」 

という返事をくれる人がいます。


ここまでくると、「コーヒーでいいです」 とは、

受ける印象が大きく違ってきますね。



<お気に入りの理由>

「で」と「が」の違い。ほんの一字の違いですが・・・

私はこのちょっとした違いに気が付くかどうか~

そして気が付いたら実践するかどうかで人生が

大きく変わってしまうと思います。言葉は言霊。

ダイワライフの経営理念にある「精神的な豊かさ」とは、

そんなちょっとした違いに気付くところから始まるのでは

ないでしょうか?  (^-^)

  

業務拡大につき求人募集中

↑このページの先頭へ


大作



今、ダイワライフの応接コーナーは、

こんな感じになっています!


写真では、わかりずらいかもしれませんが・・・・・

今回は立体的です。

クジラを見ていただくとわかりやすいかも・・・・・


半透明のスクリーンの表裏を利用して、

海の中の感じを表現しています。


光の加減で、オーロラがきれいに見える仕組みに

なっています。


この作品、入場料無料でご覧いただけます。



<お気に入りの理由>

毎回見事な出来栄えですが、

中でも今回はめっちゃスゴイです!

超リアルな立体版は、芸術的な大作で見ている人に

感動と清涼感を与えてくれています。

クリエイターの皆さん、

いつも本当にありがとうございますm(_ _)m


  

業務拡大につき求人募集中

↑このページの先頭へ


たち



このブログに良く出てくる言葉

「何のために?」


今日は、視点を変えて・・・・

「誰のために?」 というお話。


「私の為」 と 「私たちの為」

「たち」 がつくだけで、意味合いが大きく異なります。


「私たちの為」 となると・・・・・、

時には 「滅私奉公」 することもありますので、

この場合は、「私の為」 とは、逆になってしまいます。


ダイワライフは

ALL FOR ONE   ONE FOR ALL

ですから、「私たちの為」 の方になります。


もちろん、回りまわって、みんなが 「私の為」 

を代行してくれる。


「お互い様の為」 って事になりますね。





<お気に入りの理由>

「私の為」では、そこまで頑張れないけれど、

「私たちの為」なら思った以上に頑張れることって

多いですよね。

ダイワライフでは、「一人は皆の為に、皆は一人の為に」

を合言葉に、あたかも大家族のようにお互いを思いやり、

皆が精神的にも経済的にもより一層豊かになれるように

成功・成長の場としての環境を創って行きたいと

思っていますo(^-^)o

  

業務拡大につき求人募集中

↑このページの先頭へ


プロ


今日の仕事の記録帳、テーマは

「感情の管理」


その中に、

「自分の感情を管理できてこそプロです」

という言葉がありました。


たとえば、渋滞でイライラしたとか、

大好きな野球チームが負けたとか、

朝、夫婦げんかして来たとか・・・・・、


そんな事は、お客様とか、得意先様とか、同僚とかには

全く関係のないことです。


プロとして、良い仕事をするために、

良い仕事ができる精神状態がどんなものか?

その精神状態にするにはどうすればいいか?


サッカー日本代表の岡田元監督は、

座禅に取り組まれているそうです。

キャプテンの長谷部選手は、

「心を整える」 という本を著しています。


その道の 「プロ」 には、それぞれ、方法があるようです。



<お気に入りの理由>

ダイワライフの今年のテーマ、「こだわりを持って徹底する!」は、

すなわちプロフェッショナルを追及するということです。

プロは結果にこだわります。

求める結果を出す為にはありとあらゆることを考え、

準備や訓練をします。良い結果を出す為には努力を惜しみません。

そして、感情においても良い結果に結び付くものは歓迎し、

悪影響を及ぼすものは排除します。

プロは、感情に振り回されて折角の汗と努力の成果を

台無しにはしません。

自分の感情が結果に大きな影響を及ぼすことを知っているプロは、

自らの感情をコントロールすることに細心の注意を払っている様に

見えます。私は、まだまだ感情の起伏が激しい未熟者です。

プロの経営者として一流となる為には、

まだまだ修行が必要だと・・・

改めて思いました (^_^;)

  

業務拡大につき求人募集中

↑このページの先頭へ


ゆったり



ダイワライフは、17日~18日で、社員旅行に行ってきました。


宿泊は、ちょっと贅沢に、大谷山荘。

一年間待ちに待った旅行は、時間にも余裕があって、

ゆったり気分の旅行になりました。


今回も、テーマは 「何があっても無礼講!」

・・・・ではなく、「何があっても、ニコニコ笑顔」

旅行にハプニングはつきものですが・・・・・、

ダイワライフメンバーの適応能力は、年々向上してます。


1日目は、金子みすず記念館。

震災以降、繰り返し流れたCMの詩、

記念館では、昔の言葉使いで、

「こだまでせうか・・・」

と書かれていました。

子供のころ、祖母から送られてきた手紙が読めず、

母親に解説してもらった事を、思い出してしまいました。


2日目は、萩まで足を伸ばして、全員で陶芸体験。

普段やらない事って、やってみると楽しいですよね。

作品は、一ヶ月遅れのお土産となって、送られてくる予定です。


トモちゃんのすばらしい作品が、どんな出来栄えなのか、

とても楽しみです。



<お気に入りの理由>

今年も楽しい社員旅行に皆で行けて本当に良かったです!o(^-^)o

行先が何処であれ、全従業員とその家族で過ごすこの二日間は、

一年の中で私にとって最も貴重なかけがえのない時間です。

今年は特に金子みすず記念館で目にした「このみち」という詩の

「このみちのさきには、なにかなにかあろうよ。

みんなでみんなで行こうよ、このみちをゆこうよ。」

というくだりがとても心に響きました。

「ダイワライフの仲間たちよ、共にこのみちをゆこうよ!」

と思ったらなぜか涙がこみ上げてきました (ToT)

困ったことに最近、以前にも増して涙腺が弱くなりました・・・

  

業務拡大につき求人募集中

↑このページの先頭へ


当事者意識



「当事者意識」

毎日毎日、みんなが忙しく業務をこなしています。

自分の担当する範囲だけでも大変なのですが・・・・、


お客様にとっては、誰が担当なんて関係ないので、

担当外の事でも、会社のいちスタッフとして、

関わらなければならない事があります。


自分の担当外の事にも、当事者意識で積極的に取り組むって

なかなか難しい事です。


「当事者意識」 で思い出すのは・・・・・、

以前、集中豪雨による土砂崩れがあった時のこと。

被害にあった物件の担当は、他の物件の対応で外出中、

社長も福岡に出張中という状況で・・・・・・、


第一報があってから、すぐに現場へ駆け付けた人、

事務所で入居者の皆さんに電話連絡した人、

みんなが、自分に出来る事を、当事者として行っていました。


「手伝う」 とか 「助ける」 というよりも、「当事者」 という感覚。

日本人として、考えさせられますね。



<お気に入りの理由>

集中豪雨の土砂崩れの時は、私もダイワライフメンバーの対応に

むっちゃ感動しました。

皆、当たり前の様にやってくれていましたが・・・

すごいチームだと誇りに思いました。

正しく、ダイワライフのテーマである

「一人一人があたかも経営者であるかの様に考え行動する」 が

実践されていました。

誰から指示される訳でもなく、当事者意識で!

  

業務拡大につき求人募集中

↑このページの先頭へ


プロの仕事



中村文昭さんの講演で、レストランの話が出てきます。

「料理人が美味しい料理を作る」

そんなのは当たり前、それは作業だ! というお話。

お客さんを感動させてこそ、仕事なんだそうです。


今日の朝礼では、付加価値を創造するのがプロ

という話題になりました。


昨日のブログと同じ様に、これも一朝一夕にはできません。

本で勉強して簡単にマネのできるものでもありません。


プロスポーツ選手の誰ひとりとして、急にプロのレベルに

達した人はいません。

どんな天才でも、訓練や努力の結果、プロのレベルに達しています。


「訓練の結果がプロ」

どんなことでも、感動を与え続けられるようになるには、

そのことにこだわり続け、日々取組み続けなければなりません。


だから、「穴は深く掘れ!」




<お気に入りの理由>

私達は、日々仕事をしているとついついこなすことに陥って、

仕事ではなく作業をしてしまいます。

こなすことをいくら繰り返しても、何年経ってもプロにはなれません。

どんな仕事であれ、プロとしてのレベルになるには、

自分の仕事に「こだわりを持って徹底する」必要があります。

そして常に挑戦と訓練を繰り返し続けた人だけがプロとして、

付加価値を創造出来るのではないでしょうか。

私達は、他の人には決して真似出来ないような~

感謝・感激・感動を呼ぶ~

プロフェッショナルな仕事を追及していきたいですね!

o(^-^)o

  

業務拡大につき求人募集中

↑このページの先頭へ


ゴール


目的を外れた努力は意味をなさない

今日の仕事の記録帖、考えさせられる一言です。


手段が目的にすり替わってしまうことが良くあります。

何かの行動をお願いする内容の文章を作るとしましょう。

ゴールをどこに設定するか? が問題です。



文章をプリントアウトすればゴールなのか・・・

回覧が回り終わればゴールなのか・・・・

依頼文章に従った行動が引き起こされればいいのか・・・

その行動の結果がゴールなのか・・・

その行動が毎年安定して行われる引継ぎまでなのか・・・


作り終えることが目的であれば、たとえ読み返さずに、

誤字脱字の多い文章でも、プリントアウトすれば完了?


連絡だけが問題なら、要点だけが簡潔に書いてあれば良し!

先々への引き継ぎまで含めるとなると、難易度が高いですね。


道を尋ねる時に、

私のゴールはどこですか? って聞く人はいませんよね!

同じ様なことのハズなので、自分に聞いて見ましょう・・・

「今やっている事、ゴールは全て明確ですか?」



<お気に入りの理由>

何事においても、常に「なんのためにそれをするのか?」

と問いかけることが大切ですよね。

意義のある目的を見いだし、

目標を明確にして周知徹底し続けられれば、

80%は成功したと言ってもよいのではないでしょうか。

ほとんどの場合、上手く行かないのは目的や目標が途中で

曖昧になっているように思います。

如何でしょうか? o(^-^)o

  

業務拡大につき求人募集中

↑このページの先頭へ


法則



原因と結果の法則

種を撒き、水を与え、雑草を抜き、世話をしたから

きれいな花を見たり、収穫出来たりします。

順番を飛ばして、先に収穫する事は出来ません。


先に与える。

綺麗な花を見せてくれたら水をあげるよ!

っていうことは出来ません。


ところが、合理主義的な損得感情が広がっています。

世界経済に閉塞感があるのはこのせいだと、

社長は考えています。


考えてみると、どんな主義や感情も、

法則には勝てませんよね!


法則に従うなら、先に与える。

利他の精神で、良い結果につながる原因を作りましょう!



<お気に入りの理由>

結果には必ず原因があります。

良い考え方で熱意を持ってエネルギーを注げば、

必ず良い結果が現れます。

きちんと耕したり、良い種を蒔いたり、水をやったり~

必要なことをしないで手を抜くと、決して良い収穫は得られません。

私達は、ついつい手を抜いても素晴らしい収穫があるのではないか

と幻想を抱きたくなります。

がしかし、決してそうはなりません。

きちんとやったことしか実りませんよね。

先に収穫が来ることはあり得ませんよね。

法則に逆らって生きると上手く行きません。

法則に逆らって生きると長続きしません。

法則に逆らって生きると辛いです。

ご存知の方も多いかと思いますが、

「原因と結果の法則」と「鏡の法則」という本には、

人生を豊かにしていく法則がとても分かりやすく

書かれています。読まれてない方は、ぜひぜひ、

ご一読をお勧めします。

「こだまでせうか?」「いいえ、誰でも」 o(^-^)o

  

業務拡大につき求人募集中

↑このページの先頭へ


ウェルカム



今日は、一日中イベントデー

朝からのストレスマネジメントにはじまり、

達成会議、社内塾の修了式と続いて、

最後は、1日から福岡支店に入社したメンバーの

歓迎会となりました。


スイッチ・オン・ラボのテーブルとイスを外に出して

シートを敷いて、みんなで車座になっての宴会。


一人ひとりが、ダイワライフのイイトコロを紹介するという

世にも珍しい歓迎会・・・・・・、

全員がそれぞれの想いで、自分の会社の良いところを

語るなんて、他社では経験できないのでは?


仕組みとか組織論とかだけではない、

社長の、メンバー一人ひとりの、想いとか行動とか

いろんな事の集積が・・・・・・、

みんなのいろんな意見となったんでしょうね。


先日、メンバーのひとりが言ってました。

ダイワライフの仕組み、ノウハウ、いろんなものを

全部公開したとしても、同じ様な会社はできないだろう。

なぜなら、その社長は、大城社長にしかできないから!


私なりに、付け加えるとしたら・・・・・・、

この強烈な個性の集団は、他ではあり得ないから! (^-^)/




<お気に入りの理由>

8月から、福岡支店に素晴らしい仲間がまた一人加わり、

皆さん大変喜ばれていることと思います。

30日にはSPさんを含め全員で歓迎会が出来たことが、

私はとってもとっても嬉しかったです (*^_^*)

一人も欠けること無く、全員参加。

新メンバーを主賓に車座になって一緒に食事をし、お酒を飲み、

全員で同じ場を共有する。

「全員参加」自体が、最高のウェルカムメッセージであると共に

ダイワライフ大家族主義の基本であり、

そんなところから信頼関係が始まるのではないでしょうかo(^-^)o


  

業務拡大につき求人募集中

↑このページの先頭へ


忘れない



東日本の大震災から半年が過ぎ、

マスコミの扱いも少なくなった今、

特に被災地と離れた地域では、

ずいぶんと意識が変化してきているのではないでしょうか?


・・・・・被災地での戦いは、今も続いています。

福島の原発でも、多くの人が防護服に身を包み、

過酷な環境で、げっそり痩せながら、

作業を続けておられるそうです。

福岡からも、自衛隊や警察などの方々が、

現地で頑張っておられます。


ダイワライフでは、震災以降、毎週土曜日の朝礼で、

被災者と被災地の復興を想いつつ・・・・・、

一分間の黙祷を行っています。


私たちは、忘れてはならない!

出来る事は、限られているかもしれませんが・・・・


決算が確定したので、今月末は前期分の納税に

行ってきます。経常利益に占める税額の割合は

とても大きいのですが・・・・・、

きっと被災地の復興に役立てていただけるハズと、

今年は、昨年までとは違った思いでの納税になります。




<お気に入りの理由>

皆さん周知の通り、ダイワライフでは

少しでも社会にご恩返しをする為に、適正な利益を計上し、

一円でも多くの税金を納める事をポリシーの一つとして

日々奮闘しています。

お蔭様で第12期も過去最高の利益を計上することが出来ました。

ここにメンバー全員の日々のご尽力、ご家族のご理解・ご協力、

お客様やパートナー企業様のご支援に

心より感謝申し上げます m(_ _)m

そして、今月納付させて頂く税金が、

少しでも被災地のみなさまの復興に役立つことを

心より願っている次第です m(_ _)m

  

業務拡大につき求人募集中

↑このページの先頭へ


考え方



今日の夕方は理念委員会

京セラフィロソフィーの輪読を行いました。


何度か目に登場の方程式

人生・仕事の結果=考え方×熱意×能力

この方程式の意味は、京セラフィロソフィーか、

心を高める経営を伸ばすを読んでください。


要は、よくない考え方は良くない結果をもたらす

ということです。良くない考え方で、熱意が強く

遂行能力が高ければ、その分被害も大きくなります。

だから、考え方とか心を重視するわけですね。


10年ほど前、成果主義が流行しました。

しかし、大きな成果をあげる人の中に、

ルールを破る人や、他人を犠牲にする人がいた。

短期的に、成果を出しても、長期的には良くない部分があり

社会全体で、その後ずいぶんと見直しが行われています。


成果は目に見えても、心や考え方は見えにくいので、

人事評価って、難しいですよね。


だから、京セラでは、アメーバー経営で、成果を厳密に

測定しながらも、それを報酬に反映せず、一方で全社的に

フィロソフィーの浸透に力を注いでいる。


考えてない事は、言葉に出ない。

考えてない事は、行動に現れない。


悪いこと、ネガティブなこと、後ろ向きなことから

良いこと、ポジティブなこと、前向きなことへ


「動機善なりや、私心なかりしか」

自分自身に問いかけてみましょう!



<お気に入りの理由>

京セラフィロソフィで説かれているように、

私も「人生・仕事の結果=考え方×熱意×能力」という

方程式の中で、やはり「考え方」が一番大切だと思います。

銀行時代からとても沢山の成長する会社を見てきましたが、

多くの会社が長く成長し続けられません。特に損得勘定だけで

急激に伸びたところは間違いなくと言ってよい程、

どこかの段階でつぶれてしまっています。

人生・仕事・社員・お客様・売上・利益・税金等に対して

どんな考え方を持っているか・・・例えば、私は

「世の中へのご恩返しの為に1円でも多くの税金を払う」

という考え方を吉寿屋の神吉会長から教えて頂きました。

後に、その考え方が府に落ちてからダイワライフの業績は

ぐんと力強く、殻を破ったように伸びました。

「おもいっきり働いて、おもいっきり利益を出して、

おもいっきり税金を払う」正しい考え方を持つと

こんなにも力がみなぎるものかと

当時不思議に感じたのを覚えています。

だから、ダイワライフでは、とても多くの時間を費やして、

皆で「考え方」の勉強を繰り返し行っているのです (^_^)v

  

業務拡大につき求人募集中

↑このページの先頭へ


完全主義


今日の京セラフィロソフィーは

完全主義をつらぬく

「消しゴムで消せばいいということではない」という言葉に

耳が痛かったのは、私だけでしょうか?


さて、社長が今日問題にしたのは、

「完全主義を貫く」 と 「巧遅より拙速」 の矛盾


社長はよく、巧遅より拙速でいこうという話をします。

なので、完全主義をつらぬけなくなるのでは? という疑問が・・・


この矛盾に対しての説明は・・・・・・、

あくまで100点を目指す。

100点を目指してがんばるが、もしも時間が足りず、

結果として0点になるくらいなら、頭を切り替えて

60点でも取りに行った方が良いに決まってる!

という事です。


世界一のウェディングドレスも、披露宴の翌日に届くのでは

全く意味がない。

間に合うのなら、世界で10番目のドレスに軍配があがります。


もちろん、はじめから60点でいいという事ではありません。

可能性のあるぎりぎり迄は、100点を追い求めるという事。


0か100かの厳しい世界では、巧遅より拙速とは言えないので

この場合は、土俵の真ん中で相撲をとる。

前倒しで、万が一に備えて、100を確実にものにする。


完全主義をつらぬくには、前倒しによる時間の余裕が必要

という事ですね。


<お気に入りの理由>

「完全主義を貫く」というのは、ダイワライフの今年のテーマ

「こだわりを持って徹底する」に通じるところがあると思います。

「まあ、これぐらいで良いだろう」とついつい妥協してしまうことが

多いのですが・・・

しかし、それではいつまで経ってもプロフェッショナルな仕事は

出来ません。

プロとは、いつでも、どこでも、どんな時でもパーフェクトを目指して

日々の地道な鍛練、努力を怠らない人をいうのだと思います。

ダイワライフはそういったプロフェッショナルの集団でありたい

と思いますが~いかがでしょうか? o(^-^)o

  

業務拡大につき求人募集中

↑このページの先頭へ


リーダー



金曜日の朝礼は、池田先生の素心

今回は、リーダーに必要な温もりの心というテーマでした。


ダイワライフにいると、リーダー像について

考えさせられる事が多くなります。


リーダー像について考えるといっても、

幹部社員だけではなく、

全員が理想のリーダー像について考えるわけですから、

ダイワライフの役職者は大変です。


なんて言いながら、ダイワライフの場合は

全員があたかも経営者のように考え行動する

という事になっていますので、

全員がリーダーといってもよいわけです。


イベント事や委員会活動など、やる事いっぱいのダイワライフでは

時と場合によって、いろんな人が、役職に関係なく

リーダーの役割を演じることになります。


どんなリーダだと、みんながついていくのか?

全員がそれぞれ、両方の立場で考えさせられたりもします。


「温もりの心」 考えさせられるテーマです。



<お気に入りの理由>

リーダーに求められるものとは?

正直なところ、ダイワライフの社長として12年間がむしゃらに

やって来て、ようやく最近~ほんの少しですが~

ぼんやりと見えてきた様な気がします。

その中で、最も大切な要素の一つが、

この「温もりの心」だと思います。

リーダーがどんなに熱心で一生懸命でも、

どんなにスキルがあって成果を上げたとしても、

周りの人に対して冷たい心しか持っていなければ、

チームはいつしか空中分解してしまうでしょう。

長期的に見てリーダーに「善き心があれば良くなり、

悪しき心があれば悪くなる」。

とてもシンプルですが、昔から変わらない原理原則ではないか

と思います。そして、ここで言う「温もりの心」とは、

けっして「甘やかす」ということではないこと。

本当に相手の事を考えたら、時として心を鬼にして

厳しく指導をしたり、突き放したりすることも必要でしょう。

それは、ある面100%損得抜きの母親の深い深い愛情に

限りなく近づかねばならないのかもしれません(^_^;)

  

業務拡大につき求人募集中

↑このページの先頭へ


土俵の真ん中



「土俵の真ん中で相撲をとる」

京セラフィロソフィーに登場する言葉です。


ダイワライフでは、出来るだけ前倒しの仕組み作りを行っています。

例えば・・・・

年間売り上げの目標設定は、11カ月目で達成させる事

毎月の売上シメを25日前後にして月末には次の対策が始まる事

賃貸のオーナー報告書は送金日の3日以上前に完成させる事

個人のデッドラインを出来るだけ前倒しに設定すること

などなど・・・・・


もちろん、期限が休日などにかかると、その分前倒しになるので

カレンダーの関係で、とてもタイトになる事もあります。


それでも、自らを追い込んでいる訳です。

追い込むというか、追い込み続ける訳です。


この 「続ける」 という事が、なかなか難しい。

人は易きに流れがちです。


だから、全員で、仕組化して、継続できるようになっています。

個人のデッドライン設定についても、

毎日、全員の設定数を確認するなどして、

「面倒だからやめてしまえ!」 なんて事が出来ないように

なっています。


「きつい事 みんなでやれは 逃げられない」

なんちゃって・・・・・。




<お気に入りの理由>

土俵の真ん中にいるうちに、

土俵際の気持ちで全力を出し続ける!そして確実に、

出来れば少しでも余裕を持って勝ち続けたいものです。

本当に、土俵際に追い込められてしまってからでは~

危なっかしくて見ていられません。様々な期日にしても、

ギリギリで組んでいると必ずアクシデントが起こったりして

追い詰められたり、最悪期日を過ぎてしまったりします。

業績も目標に対してギリギリの予定で組むと予定通りに

達成した試しがありません。

そして経費は思わぬ予定外が次々と発生します。

私は、「業績が予定通り行かなかったので皆さんの給料が

予定通りには払えません」という訳にはいきません。

そんなことは絶対にしたくありません。

だから、より確実に、より安定した業績を実現して皆が安心できるように

したいのです。

その為には、常に高い目標を設定し、前倒しで達成することに

チャレンジし続ける必要があるのです。土俵際に追い詰められて、

会社が潰れてしまってからでは、取り返しがつかないことは

誰もが分かることでしょう。

そして、常に高い目標に前倒しでチャレンジすることは、

チームや個人の大きな成長にも繋がっていくので、

正に一石二鳥だと思うのですo(^-^)o

  

業務拡大につき求人募集中

↑このページの先頭へ